「僕はオリックスに救われた」ガガガSPコザック前田さん、人生重ね

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長年オリックスを応援している神戸の人気バンド「ガガガSP」ボーカルのコザック前田さん=神戸市須磨区で2021年10月11日、菱田諭士撮影
長年オリックスを応援している神戸の人気バンド「ガガガSP」ボーカルのコザック前田さん=神戸市須磨区で2021年10月11日、菱田諭士撮影

 四半世紀ぶりの歓喜の瞬間が訪れた。プロ野球のパ・リーグで27日、オリックス・バファローズが1996年以来の優勝を決めた。「がんばろうKOBE」を合言葉に95年の阪神大震災で傷ついた地元・神戸を勇気付けたが、近鉄との合併を経て本拠地を大阪に移し、頂点からも遠ざかっていた。神戸を拠点とする人気バンド「ガガガSP(スペシャル)」のボーカル、コザック前田さん(42)は応援曲も提供した大ファン。「僕はオリックスに救われた。勇気と元気をありがとう」と感謝する。

 前田さんは神戸市須磨区出身で、前身の阪急時代から応援していた。阪神大震災発生時は中学3年で、たまたま家具のない部屋で寝ていて無事だったが、自宅は半壊した。ガスや水道が途絶え、避難所暮らしを強いられた。高校で野球部に入ったが、被災者の苦境を知るだけに「僕だけ野球をしていいのか」と後ろめたさを感じていた。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1425文字)

あわせて読みたい

注目の特集