森山未來さん「エモいは大嫌い」 だけど若者に求められる理由とは

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」に主演した森山未來さん=大阪市中央区で2021年10月12日、猪飼健史撮影
映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」に主演した森山未來さん=大阪市中央区で2021年10月12日、猪飼健史撮影

 新作映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」で、森山未來さん(37)がバブル崩壊後から新型コロナウイルス禍の現在までの25年間を生きてきた男を演じている。愛や友情に揺れ動きつつ、社会と折り合いをつけてきた46歳の男の姿は共感を呼ぶ。原作小説はウェブでの連載中から「エモい」と評された。森山さんはこの言葉を「僕は大嫌い」と断言するが、若者たちの間でもてはやされる理由を突き詰めると、今の時代が見えてきたという。

この記事は有料記事です。

残り2471文字(全文2677文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集