特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「誰に投票したら…」 トヨタ労組の決断、愛知11区に走った激震

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で衆院選への不出馬を表明した古本伸一郎前衆院議員(左)とトヨタ労組の西野勝義委員長=愛知県豊田市で2021年10月14日午後7時18分、酒井志帆撮影
記者会見で衆院選への不出馬を表明した古本伸一郎前衆院議員(左)とトヨタ労組の西野勝義委員長=愛知県豊田市で2021年10月14日午後7時18分、酒井志帆撮影

 衆院選の投開票日が31日に迫る中、トヨタ労組の組織内候補が立候補を取りやめた愛知11区がざわついている。50年以上にわたり組織内候補を輩出してきたトヨタ労組の決断に、政党や有権者は驚き、戸惑いを隠さない。

 「びっくりしました。全国でこんな判断があるのかと」――。投票日まで5日に迫った26日。愛知11区の自民前職、八木哲也氏(74)は愛知県・豊田市駅前の街頭演説でこう語った。

 無所属で7選を目指していたトヨタ労組出身の古本伸一郎氏(56)が立候補取りやめを発表したのは衆院解散当日の14日。記者会見では…

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1495文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集