旭川中2凍死、市がいじめ認める 市長「因果関係、調査される」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道旭川市の今津寛介市長
北海道旭川市の今津寛介市長

 北海道旭川市で3月、中学2年の広瀬爽彩(さあや)さん(当時14歳)が凍死しているのが見つかった問題で、今津寛介市長は28日の市議会代表質問で「資料を精査し、いじめがあったと認識した」と答弁した。これまで市はいじめと正式に認めず、疑い事例として市教育委員会に調査を求めていた。いじめと死亡の因果関係は「調査されることになる」とした。

 今津市長は市教委からの説明のほか、広瀬さんがいじめられていると訴えていたインターネット上のやりとりなどを理由に挙げた。

 遺族側によると、広瀬さんは…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集