赤潮、過去最大167億円被害か ウニやサケ大量死 北海道発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
浜に打ち上げられたエゾバフンウニの死骸=北海道根室市落石で9月24日、本間浩昭撮影
浜に打ち上げられたエゾバフンウニの死骸=北海道根室市落石で9月24日、本間浩昭撮影

 北海道南東部の太平洋沿岸で9月下旬以降、ウニやサケなどが大量死している問題で、道は27日、赤潮による被害額が最大で約167億円に上る可能性があると発表した。これまで最も被害が大きかったのは1972年7月に瀬戸内海で赤潮が発生した時の71億円。

 釧路市や根室市など道東部を中心に27日時点で被害額は約77億4200万円となっており、国内最大となっている。ただ、襟裳岬より西の日高…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

あわせて読みたい

ニュース特集