特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「キスしたら票を…」 なくせ、女性の政界進出阻む「票ハラ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女性議員が受けた「票ハラ」などの実例
女性議員が受けた「票ハラ」などの実例

 選挙の立候補者数をできる限り男女均等にするよう政党に求める「政治分野における男女共同参画推進法」が2018年に施行されてから初めてとなる今回の衆院選で、女性候補の比率は前回17年と同水準の17%程度にとどまった。女性の政界進出を阻む一因に、有権者が投票を振りかざして嫌がらせ行為をする「票ハラスメント」が挙げられる。選挙や政治活動を巡るハラスメントをなくすための啓発活動が急務となっている。

 「スカートのほうが票がとれるぞ」。ジェンダー平等を優先政策に掲げる立憲民主党は衆院選に合わせ、支援者をイメージした人物に声を掛けられて戸惑うズボン姿の女性候補者を描いたポスターを制作した。①性的な言動②身体的特徴を話題にする③不必要な接近、体を触る④執拗(しつよう)に2人になることを要求する――などの具体例を明記。選挙事務所に張ってもらおうと候補者に配布したという。問題への理解を促すとともに、党…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文899文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集