バイデン氏、教皇と会談 トランプ政権で悪化した関係修復狙い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領(左)と会談したフランシスコ・ローマ教皇(右)=バチカンで2021年10月29日、AP
バイデン米大統領(左)と会談したフランシスコ・ローマ教皇(右)=バチカンで2021年10月29日、AP

 バイデン米大統領は29日、キリスト教カトリックの総本山バチカンで、大統領就任後初めてフランシスコ・ローマ教皇と会談した。新型コロナウイルスや気候変動など地球規模の課題で国際社会が協力する重要性を確認し、トランプ前大統領時代に悪化した米バチカン関係の修復をアピールしたい考えだ。

 バイデン氏はカトリックとしてケネディ元…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文385文字)

あわせて読みたい

ニュース特集