大谷翔平が選手間投票の最優秀選手に 大リーグ、日本選手で初

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
エンゼルスの大谷翔平=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月12日、福永方人撮影
エンゼルスの大谷翔平=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月12日、福永方人撮影

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(27)が28日(日本時間29日)、全30球団の選手間投票で決まる両リーグの年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に日本選手で初めて選出された。また、2004年のイチロー(マリナーズ)以来となるア・リーグの最優秀野手にも選ばれた。

 大リーグ選手会主催の選手間投票による「プレーヤーズ・チョイス賞」は1992年に創設され、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーの選出は98年に始まった。大谷は最終候補に残っていたゲレロ(ブルージェイズ)とハーパー(フィリーズ)の両強打者を抑えた。投打の「二刀流」で…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

あわせて読みたい

ニュース特集