連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

新型コロナ 冬の感染、エアロゾル注視

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除されてから、まもなく1カ月。日本では感染者の減少が続いているが、海外では再拡大する国もある。懸念される冬の感染「第6波」はやってくるのだろうか。【林奈緒美、秋丸生帆、モスクワ前谷宏】

乾燥や人出、危険度増

 「冬は乾燥でエアロゾル感染(空気感染)が起きやすくなるうえ、師走の慌ただしさが加わって流行の波を作る。正月が明ければ感染者は減少に転じ、冬の終わりとともに約4カ月で収束するだろう」。こう予測するのは、感染制御学が専門の愛知県立大の清水宣明教授だ。

 インフルエンザや風邪など、冬に流行する呼吸器感染症は多い。世界保健機関(WHO)などは新型コロナの主な感染経路をエアロゾル感染としているが、清水教授は冬の乾燥でウイルスを含んだエアロゾルがより小さくなり、空気感染が起きやすくなるという。また、寒さによって部屋を閉め切ることが増えると、換気が不足して感染リスクも高くなる。

この記事は有料記事です。

残り2265文字(全文2673文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集