関西スーパー、H2O統合案「薄氷」可決 賛成率66.68% 株主から批判続々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
6時間超に及んだ関西スーパーマーケットの臨時株主総会=兵庫県伊丹市で29日、井口彩撮影
6時間超に及んだ関西スーパーマーケットの臨時株主総会=兵庫県伊丹市で29日、井口彩撮影

 関西地盤の食品スーパー、関西スーパーマーケットが29日に兵庫県伊丹市で開いた臨時株主総会で、阪急阪神百貨店を運営する「エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング」との経営統合案が可決された。ただ、休憩を挟み6時間超に及んだ総会では、株主からは統合案への批判が噴出。議案の可決ラインをわずかに上回る「薄氷の可決」となった。

 「正気の沙汰じゃない。なぜ優良な関西スーパーが業績が安定していない(H2O傘下の食品スーパー)イズミヤ、阪急オアシスと統合しなければならないのか。考え直してほしい」。総会会場で男性株主が訴えると、他の株主から拍手が起きた。

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1502文字)

あわせて読みたい

ニュース特集