特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

立憲・中村喜四郎氏、衆院茨城7区で初の落選見通し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中村喜四郎氏
中村喜四郎氏

 衆院選茨城7区で15選を目指した立憲民主前職の中村喜四郎氏(72)の敗北が確実になった。選挙の強さで「無敗の男」の異名を取る中村氏は今回、初めて野党公認候補として出馬。しかし、選挙区内の首長全員が自民前職の永岡桂子氏(67)につくなど、古巣の自民に包囲網を敷かれ、得意の「どぶ板選挙」を突き崩された。

 中村氏は1976年に初当選し、94年にゼネコン汚職事件で逮捕され自民を離党。2003年に最高裁で有罪が確定するも、仮釈放後の05年から無所属で当選を重ねた。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1117文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集