特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

松尾貴史のちょっと違和感

大音量、名前連呼の選挙カー 無駄では?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松尾貴史さん作
松尾貴史さん作

 東京・下北沢には広い道が少なく、一方で歩行者は随分と多い。「下北沢駅入口」という信号から、1車線一方通行の道に、ある政党の選挙用街宣車が入り込んで立ち往生していた。動いている間は候補者の名前の連呼を一様にうるさそうに見ていた人も多いが、放送をやめてしまったので、周りを歩く人々(ほとんどが若い人たち)は「何だろう」という関心を示すわけでもなく通り過ぎて行く。車を停止したら候補者の連呼をやめなければならないので、ただ車の上の看板が無粋なだけの状況だ。

 道を変えようと思ったのか、助手席からおじさんが降りてきて、車の後ろに立って「オーライ、オーライ」と誘導している姿が、その政党の行く末を暗示しているのだなあと苦笑して通り過ぎたが、この連呼カーとも呼びたくなるシステムは、どうにかならないものだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1585文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集