特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「竹下」の名前無き王国の行方は DAIGOさんは後継者候補?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総務会長時代の竹下亘氏=首相官邸で2017年9月4日午後0時26分、川田雅浩撮影
自民党総務会長時代の竹下亘氏=首相官邸で2017年9月4日午後0時26分、川田雅浩撮影

 平成の代替わりの際に首相を務めた竹下登氏や、登氏の弟で復興相や自民党総務会長を歴任した竹下亘氏を輩出した島根県。登氏の秘書から国会議員や県議になった政治家も多く、その強固な選挙地盤は「竹下王国」と言われた。登氏が衆院議員に初当選してから亘氏を合わせ約60年間総選挙で当選を続けてきたが、亘氏も引退して今年9月に亡くなり、今回の衆院選は竹下一族から誰も出馬せず幕を下ろした。「竹下」の名前無き王国の行方は。

 登氏や亘氏が生まれた島根県雲南市掛合(かけや)町。竹下家は江戸時代後期からこの地で造り酒屋を営む名家だ。登氏や亘氏の弟で造り酒屋「竹下本店」の代表取締役を務める三郎さん(73)は「亘兄さんもいずれ辞めるときがくるということで、5、6年前から一族から(衆院島根2区の)選挙地盤を引き継ぐ後継者を出すのか、それとも出さないのか、出すなら誰がいいのか話し合ってきた」と打ち明ける。

一族出馬せず「肩の荷降りた」

 法事など親族が集まる際に相談してきたといい、「2年前に亘兄さんががんを公表したことで、真剣味が増していた」と振り返る。登氏が34歳で衆院議員になったことから「国政に長く携わってもらうため40代の若い人に出てもらった方がいい」として、2人ほどに打診したという。

 竹下一族で有名人といえば、登氏の孫にあたる歌手でタレントのDAIGO(ダイゴ)さんだ。竹下本店が製造する日本酒のラベルにも写真付きでなっている。毎年墓参りのため掛合町を訪れ、「法事には100%参加している」(三郎さん)。妻で女優の北川景子さんも一緒に訪れたことがあると…

この記事は有料記事です。

残り1792文字(全文2462文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集