特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

立憲・吉田氏初当選「大きな塊に」 山本氏発言で一転結束 東京8区

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京8区は元自民党幹事長で11期目を目指した石原伸晃氏(64)が立憲新人で大学特任教授の吉田晴美氏(49)に敗れた。比例でも復活当選できなかった。石原氏は国土交通相や環境相などの要職を歴任し、石原派の領袖(りょうしゅう)でもある。中選挙区制だった1990年の初当選から安定した地盤を築き、一度も負けたことはなかったが、今回は野党共闘に阻まれた。

 吉田氏の当選確実が報じられたのは投票終了直後の午後8時。約20人の支援者が集まった石原氏の事務所は重い空気に包まれ、姿を現した石原氏は「私の力量不足。大将として申し訳ございませんでした」と繰り返し頭を下げた。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文916文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集