特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

自公が3分の2を下回る 9年ぶり、再可決が不可能に 衆院選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=東京都千代田区で2019年5月1日、川田雅浩撮影
国会議事堂=東京都千代田区で2019年5月1日、川田雅浩撮影

 衆院選の与党の獲得議席は1日、自民党259、公明党32の計291で確定し、自民の追加公認2人を加えても定数465の3分の2(310)に届かなかった。参院で法案が否決された場合、自公だけで衆院再可決が不可能になる。自公は、政権に復帰した2012年衆院選を含め、3回連続で確保してきた3分の2の議席を約9年ぶりに下回った。

 憲法59条は、衆院で可決した法案を参院で否決や修正した場合、衆院が出席議員の3分の2以上の多数で再び可決し、成立させることができると規定。参院が法案を受け取って60日以内に議決しない場合も衆院は否決とみなし、再議決できる。

 仮に来年夏の参院選で与党が大敗し、…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文729文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集