特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

首相、コロナ飲み薬「年内実用化」強調 賃上げへ「議論を主導」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 岸田文雄首相(自民党総裁)は1日、自民、公明両党で計293議席を確保した衆院選を受け、自民党本部で記者会見した。首相は「岸田政権のもとで国の未来をつくり上げてほしいという民意が示された」と強調。新型コロナウイルス禍で傷んだ経済の再生に向け、非正規労働者や子育て世代への現金給付などを計上した補正予算案の年内成立を急ぐ方針を表明した。

 自民は公示前から15議席減ながら、衆院の「絶対安定多数」を単独で確保する堅調な戦いを見せた。首相は会見で「身が引き締まる思いだ。責任政党として国民の負託に応える。信任を得た今、スピード感を政策実行の面で発揮する」と今後の政権運営に意気込みを見せた。

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1143文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集