特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

北京五輪ここに注目

スキー距離の「走れるマッチョ」 8年ぶり五輪へ選んだいばらの道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
8年ぶりの五輪出場を目指すノルディックスキー距離の宮沢大志=長野県木島平村で2021年9月18日午後1時35分、江連能弘撮影
8年ぶりの五輪出場を目指すノルディックスキー距離の宮沢大志=長野県木島平村で2021年9月18日午後1時35分、江連能弘撮影

 「そこでやめるつもりだった」という2018年平昌冬季五輪の代表を逃して4年近くになる。2大会ぶりの五輪出場を見据え、ノルディックスキー距離の宮沢大志(ひろゆき、30歳)=JR東日本スポーツ=は北京五輪の代表選考で、あえて厳しい道を選んだ。出るだけでなく「戦える」ことを証明するために。

強化指定外からの再スタート

 2日にフィンランドへ出発する。同国で26日に開幕するワールドカップ(W杯)を前に国際レースで日本勢トップの力を示せば、W杯開幕戦に出場できる。W杯で好成績を収め、全日本スキー連盟が定める五輪派遣推薦基準の突破を狙う。9月中旬から単身ドイツで組んだ雪上合宿で「今までになかった感覚」と、トライしてきた「変化」に好感触を得た。

 新潟県十日町市出身。早大4年の時に14年ソチ五輪に出場したが、平昌五輪は…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文934文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集