特集

岡山|第49回衆院選

毎日新聞デジタルの「岡山|第49回衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

2021衆院選

立憲・柚木氏、自民・阿部氏が比例復活 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
万歳三唱ではなく、手を組んで「ありがとう三唱」をする柚木道義氏(中央)=岡山県倉敷市四十瀬の事務所で2021年11月1日午前0時18分、岩本一希撮影
万歳三唱ではなく、手を組んで「ありがとう三唱」をする柚木道義氏(中央)=岡山県倉敷市四十瀬の事務所で2021年11月1日午前0時18分、岩本一希撮影

 10月31日に投開票された衆院選。県内の小選挙区では接戦もあったが、自民や保守系の無所属候補が議席を獲得し、自民と立憲の前職2人が比例で復活当選を果たした。任期満了を超えての衆院選は戦後初で、県内ではコロナ禍で迎えた初の総選挙となったが、投票率は50・94%で、それほど上がらなかった。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1610文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集