特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

群馬の野党候補、18年ぶり全敗 比例重複の4氏も落選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一票を託す有権者(イメージ)=竹内紀臣撮影
一票を託す有権者(イメージ)=竹内紀臣撮影

 今回の衆院選で立憲民主党などの野党は、2012年以降4回連続で自民党の群馬県内5小選挙区独占を許しただけでなく、比例北関東ブロックでの復活を果たすことさえできなかった。衆院選で県内の野党候補が全敗するのは03年以来18年ぶり。

 比例と重複立候補した野党候補は、群馬1区の日本維新の会元職、宮崎岳志氏(51)▽2区の立憲前職、堀越啓仁氏(41)▽3区の立憲前職、長谷川嘉…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集