特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「ポスト枝野」問われる共産との距離 “旧民主”世代交代なるか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
立憲民主党執行役員会で辞意を表明する枝野幸男代表=衆院第2議員会館で2021年11月2日午後1時2分、竹内幹撮影
立憲民主党執行役員会で辞意を表明する枝野幸男代表=衆院第2議員会館で2021年11月2日午後1時2分、竹内幹撮影

 立憲民主党は衆院選での大敗を受け、「創業者」の枝野幸男代表が辞意表明する事態となった。共産党などとの「野党共闘」のあり方を見直すべきだとの声が高まり、代表選では共産との距離感や世代交代が争点となる。国会運営や来夏に迫った参院選に向けた選挙協力にも影響が出そうだ。

   ◇

 「ポスト枝野」に向けた立憲民主党の代表選は、共産党との距離感や「世代交代」が争点になりそうだ。共闘路線の継続に前向きとされる小川淳也元総務政務官(50)が立候補に意欲を示す一方で、共闘枠組みの再検討に言及した泉健太政調会長(47)や路線継続に批判的とされる玄葉光一郎元外相(57)を推す声も出ている。

 「私なりの決意は固まっている。すでに賛同を示してくださった同志と丁寧な協議を重ね、改めて態度表明する」。小川氏は2日、自身のツイッターで出馬準備に入る方針を表明した。本人に密着した20年6月公開のドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」で知名度を上げ、党内には「刷新感がある」と一定の期待感がある。

 党関係者は「準備期間が短い。出馬できる人は絞られる」と指摘する。小川、泉、玄葉の3氏に加え、馬淵澄夫元国土交通相(61)、岡田克也元民主党代表(68)、長妻昭元厚生労働相(61)、逢坂誠二元首相補佐官(62)らを有資格者として挙げる。

 最大の争点は、共闘路線継続への賛否だ。小川…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文1135文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集