保育園バスの安全マニュアル作成 福岡・中間市、5歳児死亡受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
倉掛冬生ちゃんが死亡した双葉保育園=福岡県中間市で2021年7月30日、奥田伸一撮影
倉掛冬生ちゃんが死亡した双葉保育園=福岡県中間市で2021年7月30日、奥田伸一撮影

 福岡県中間市の私立双葉保育園に通っていた男児(当時5歳)が7月末に送迎バスに取り残され、熱中症で死亡した事件を受け、市はバス運行など保育園が取るべき園児の安全確保策をまとめたマニュアルを作成し、同園など6カ所の認可保育園に送付した。送迎以外の場面についても必要な取り組みを列挙した。

 マニュアルは「安全安心な送迎」や「事故…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文380文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集