特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『ぼくが歌う場所 フォーク・ソングを追い求めて50年』『カムカムエヴリバディ』ほか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『ぼくが歌う場所 フォーク・ソングを追い求めて50年』中川五郎・著(平凡社/税込み3080円)

 日本のフォーク史の第1ページを飾る中川五郎は、高校時代に作った「受験生ブルース」で注目された。以後、プロテストソングを中心にシンガーの道を歩んだ。

 『ぼくが歌う場所 フォーク・ソングを追い求めて50年』は個人史だが、その50年は日本フォーク史と重なっている。しかし1980年代には歌から遠ざかり、音楽評論、小説・翻訳、編集に身を置く。混迷の波に漂う日々があった。その揺れも正直に語られている。

 しかし90年代半ばより、再び歌と向き合う日が来た。50を過ぎて「死」を重要なテーマとし「ぼくが死んでこの世を去る日」を作ったりもした。政治は劣化し、深刻さを増す時代に背を向けてはいられなくなったのである。どんな場所へでも出かけて行って、シャウトする姿は真摯(しんし)で感動的だ。

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1876文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集