特集

北海道|第49回衆院選

毎日新聞デジタルの「北海道|第49回衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

2021衆院選

振り返る/下 野党、激戦区競り負け 今後の「共闘」に不透明感 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
道3区、4区の公認候補の落選が伝えられ、沈痛な表情を浮かべる立憲道連の逢坂誠二代表(前列左)ら=札幌市中央区で2021年11月1日、源馬のぞみ撮影
道3区、4区の公認候補の落選が伝えられ、沈痛な表情を浮かべる立憲道連の逢坂誠二代表(前列左)ら=札幌市中央区で2021年11月1日、源馬のぞみ撮影

 「ああ、負けた」。1日未明、札幌市内の衆院選開票センターに集まった立憲民主党道連の幹部らは、激戦区の道3区と道4区で公認候補の敗北が伝えられるとため息をついた。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1027文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集