しが☆スポ 東京五輪競泳女子・大橋悠依選手 金メダル首に 母校・草津東で2冠報告 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
母校の生徒らとともに記念撮影に臨む大橋悠依選手(手前中央)=草津市渋川2の草津東高で2021年10月18日午前11時1分、礒野健一撮影
母校の生徒らとともに記念撮影に臨む大橋悠依選手(手前中央)=草津市渋川2の草津東高で2021年10月18日午前11時1分、礒野健一撮影

 東京五輪競泳女子の200メートルと400メートル個人メドレーで2冠に輝いた大橋悠依選手(26)が、母校の県立草津東高(草津市西渋川2)を訪ね、恩師や後輩たちに金メダル獲得を報告するとともに、草津市が新たに創設した「市民スポーツ大賞最高栄誉賞」の表彰式も行われた。

 二つの金メダルを首からさげた大橋選手が体育館に入ると、生徒たちは大きな拍手で迎えた。大橋選手は「高校時代は水泳も勉強も一生懸命取…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

ニュース特集