連載

見聞録

奈良県内の観光スポットや史跡、グルメ、イベントなどを記者が訪れて紹介します。

連載一覧

見聞録

農業公園信貴山のどか村(三郷町) ハウスで「天空メロン」 体験農場や牧場、鶏舎、温泉も /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
近畿大農学部のICT農法で栽培した「のどか村天空メロン」=三郷町の「農業公園信貴山のどか村」で2020年7月1日午前11時22分撮影
近畿大農学部のICT農法で栽培した「のどか村天空メロン」=三郷町の「農業公園信貴山のどか村」で2020年7月1日午前11時22分撮影

 大阪府境の信貴山域にある「農業公園信貴山のどか村」(三郷町信貴南畑1)は、年間を通して各季節に合わせた野菜や果物の「味覚狩り」などが楽しめる。秋も深まり、ミカン狩りのシーズンを迎えた公園を歩いた。【熊谷仁志】

 公園は広さ約40ヘクタール。野菜を植える体験農場や果物用のビニールハウス、バーベキューが楽しめる施設、小さな「やぎひつじ牧場」、ニワトリ約820羽を飼う鶏舎などがあり、季節の花々が各所に植えられている。

 新型コロナウイルスで来場者が減る中、新たな名物として2020年に登場したのが、メロンを栽培するハウス2棟だ。のどか村、三郷町、近畿大農学部(奈良市)、大和信用金庫(桜井市)の4者の「産官学金連携事業」で、19年に総務省の「地域経済循環創造事業交付金」の対象に選ばれた。長年の経験や勘を必要とせず、管理が比較的簡単な近畿大農学部のICT(情報通信技術)農法で栽培されており、「のどか村天空メロン」と名…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文1019文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集