働く女性、自殺3割増 コロナ禍「非正規」影響か 過去5年比

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は2日、2021年版自殺対策白書を閣議決定した。20年の全体の自殺者数は前年比912人増の2万1081人と09年以来11年ぶりに増加に転じた。白書は、顕著だった女性の自殺などについて過去5年平均(15~19年)と比較。女性の職業別では「被雇用者・勤め人」が1507人(平均から381人増)で3割ほど増えた。

 厚生労働省は新型コロナウイルス感染拡大による環境の変化が一因と分析しており、担当者は「女性に多い非正規労働者が影響を受けている可能性がある」としている。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文577文字)

あわせて読みたい

ニュース特集