特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 若者の1割、接種「もう少し検討」 1回目終了は7割超 都内調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスのワクチン接種の有無などについて、東京都内の20~30代の男女636人に尋ねたところ、1割超が「もう少し考えたい」と保留していたとの調査結果を、国際医療福祉大の和田耕治教授(公衆衛生学)がまとめた。75%が少なくとも1回の接種を終えていたが、和田教授は「適切な情報提供により、今後さらに10ポイント程度は接種率が上昇する可能性がある」とみている。

 調査は10月26~28日、東京都内に住む20~39歳の男女636人を対象に、インターネットで実施した。新型コロナワクチン接種を2回受けた人は67%で、1回目を終え2回目を待っている人が7・9%だった。自分自身の判断や周りの反対によって接種を希望しない人は10・8%で、「もう少し考えたい」と答えた人は10・5%いた。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文678文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集