この顔にピンときたら…鳥取にご招待 弥生人のそっくりさん募集

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
採取されたDNAを元に鳥取県が復元した「青谷弥生人」の男性胸像=県提供 拡大
採取されたDNAを元に鳥取県が復元した「青谷弥生人」の男性胸像=県提供

 鳥取市の青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡で発掘された弥生人(約1800年前)の頭蓋骨(ずがいこつ)から採取されたDNAをもとに、鳥取県が「青谷弥生人」の顔を復元し、胸像を公開した。現代のどこにでもいそうな男性の顔だとして、県は全国から「そっくりさん」を募集し、入賞者を鳥取に招く「青谷弥生人大捜索作戦」を始めた。

 復元された男性は父方が縄文人、母方は渡来系の血筋で、彫りの深い縄文人と鼻の低い弥生人の特徴を併せ持つ。平井伸治知事は「あそこにいた兄ちゃんじゃないか、と思うくらい親しみのある顔」とコメント。弥生人研究や遺跡の保存に約20年にわたって取り組む県は「とっとり弥生の王国」としてPRしており、「そっくりさん募集」でさらに弾みをつけたい考えだ。

「青谷弥生人」の男性胸像にスーツを着せた姿=鳥取県提供 拡大
「青谷弥生人」の男性胸像にスーツを着せた姿=鳥取県提供

 応募は12月19日まで、メールか郵送で。入賞者は来年5月ごろに青谷ツアーに招待する。男性の名前も募集中で、入賞者には青谷弥生人も食べていた県産ジビエなどをプレゼント。応募要項や問い合わせは県とっとり弥生の王国推進課(https://www.pref.tottori.lg.jp/yayoi-suishin/)へ。【野原寛史】

あわせて読みたい

ニュース特集