山に紅葉、草原にススキ 晩秋の木曽・開田高原

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ススキの原の向こうに望む雪化粧した御嶽山=木曽町の開田高原で2021年10月29日午後2時29分、武田博仁撮影
ススキの原の向こうに望む雪化粧した御嶽山=木曽町の開田高原で2021年10月29日午後2時29分、武田博仁撮影

 御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の東側山麓(さんろく)に広がる長野県木曽町の開田高原が晩秋を迎えた。草原にはススキの穂が伸び、山林ではカラマツや広葉樹の紅葉が見ごろだ。

 標高1100~1400メートルに広がる開田高原は御嶽山麓では最も開けた地形で、開田中学校近くではススキの原の向こうに雪…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

あわせて読みたい

ニュース特集