札幌五輪計画公表へ 修正版 招致に市民理解求め 2030年冬季 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋元克広・札幌市長=札幌市中央区の札幌市役所で2020年11月6日、清水健二撮影
秋元克広・札幌市長=札幌市中央区の札幌市役所で2020年11月6日、清水健二撮影

 札幌市の秋元克広市長は2日、毎日新聞のインタビューに応じ、招致を目指している2030年冬季オリンピックの開催計画の修正版を早ければ今月末にも公表すると明らかにした。全体の経費削減と開催の意義を明確化することが見直しの柱で、招致活動に対する市民の理解を得る狙いがあるとみられる。【土谷純一】

 秋元市長は2日、開催計画について「今月末から来月頭(初め)には出し、市民といろいろな議論をしていきたい」と述べた。

 秋元市長は東京五輪閉幕後の8月10日、「持続的なオリンピックの開催がどうあるべきなのかを考えて、招致計画を一部練り直す」と表明。新型コロナウイルス感染が拡大する中で開催され議論を呼んだ東京五輪を受け、開催計画を見直す考えを示していた。

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1390文字)

あわせて読みたい

ニュース特集