立川国際付小、一般30倍 初の公立小中高一貫 22年度入試 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2022年4月に開校する都立立川国際中等教育学校付属小(立川市)について、都教育委員会は一般入試の倍率が30・98倍になったと発表した。全国初の公立の小中高一貫校として、国際社会で活躍できる人材育成を目指しており、注目が集まっている。

 都教委の1日の発表によると、男女各29人の一般枠に対して、男子916人、女子88…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

ニュース特集