特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

国民、野党4党の国対枠組みから離脱 玉木代表「各党と等距離で」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国民民主党の玉木雄一郎代表
国民民主党の玉木雄一郎代表

 国民民主党は4日の役員会で、立憲民主、共産、社民との野党4党の国対委員長会談の枠組みから離脱する方針を決めた。国民は衆院選で公示前の8議席を上回る11議席を確保し、政策提言を軸とした「改革中道」の第三極路線を強める考えだ。

 国民を含めた野党4党はこれまで、臨時国会開催要求などで足並みをそろえてきたが、国民の玉木雄一郎代表は「対決より解決と言ってきたが、この枠組みでは『対決している』と言われる」と指摘。「基本的に各党とは…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集