高齢ドライバー実車試験、2022年5月開始へ サポカー限定免許も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
警察庁、国家公安委員会などが入る中央合同庁舎第2号館=東京・霞が関で2019年、本橋和夫撮影
警察庁、国家公安委員会などが入る中央合同庁舎第2号館=東京・霞が関で2019年、本橋和夫撮影

 警察庁は4日、高齢ドライバーの事故対策として、免許更新時の運転技能検査(実車試験)制度を2022年5月13日に開始する方針を明らかにした。事故を起こしにくい安全運転サポート車(サポカー)だけを運転できる限定免許制度も同日に始める予定。

 これらの制度は20年の通常国会で成立した改正道路交通法に盛り込まれていた。意見公募後に決定する。

 運転技能検査の対象は75歳以上の高齢者のうち、免許更新時の誕生日160日前を起点として、そこからさかのぼった3年間に信号無視や速度超過、横断歩行者の通行妨害など11類型の違反をした人。22年10月12日以降に誕生日を迎える人が該当していく。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文663文字)

あわせて読みたい

ニュース特集