伊方原発3号機の運転差し止め認めず 広島地裁仮処分決定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊方原発3号機の運転差し止めを認めない決定が出され、垂れ幕を掲げる原告団=広島市中区で2021年11月4日午後2時3分、猪飼健史撮影
伊方原発3号機の運転差し止めを認めない決定が出され、垂れ幕を掲げる原告団=広島市中区で2021年11月4日午後2時3分、猪飼健史撮影

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを広島、愛媛両県の住民7人が求めた仮処分申し立てで、広島地裁は4日、差し止めを認めない決定を出した。住民側が主張した耐震設計を上回る地震の発生について、吉岡茂之裁判長は「具体的危険性があるとはいえない」と述べた。住民側は広島高裁に即時抗告する方針。

 伊方原発を巡っては、広島高裁が2017年12月と20年1月、差し止めを命じる仮処分決定を出したが、いずれも高裁の異議審で取り消された。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文962文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集