特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと東日本・アートを歩く

芸術さんぽ 虫の詩人の館(東京都文京区) ファーブルと親しむ空間 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京メトロ千代田線千駄木駅から徒歩10分の閑静な住宅地に、繭を模した丸みのある銀の建物が立つ。仏文学者でファーブル昆虫記の翻訳を手がけた奥本大三郎館長(77)の自宅があった場所だ。

 「子どもが虫やファーブルに親しむ場所を作りたい」。奥本館長がそんな思いから寄付を募るなどして2006年に開館した。スタッフは全員ボランティアで、中学生から定年退職した人まで年代も立場もさまざまだ。

 1階にはケージが並び、一部の生きた昆虫は間近で見たり触ったりできる。枝につかまるヘラクレスオオカブトに触れると、硬い羽がつるつるとし、長い角の裏側は細かい毛でふわふわだ。千葉県の里山で採集したハンミョウが人気らしく、赤青黄緑の鮮やかな姿を見せていた。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文692文字)

あわせて読みたい

ニュース特集