【サッカーW杯速報】オランダvsアメリカ、8強一番乗りは オランダリードで後半へ

特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

自民、全派閥で議席減少 最大の細田派は「安倍派」衣替えの可能性

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 自民党の7派閥は、先の衆院選で所属議員の引退や落選の影響を受け、軒並み議席を減らした。最大派閥・細田派は首位の座をキープしたが、他派閥では順位の変動もあった。派閥の人数は、党内での発言力を左右する。初当選した新人は33人おり、態度未定の議員を巡る各派の争奪戦が激しくなりそうだ。

 10月14日の衆院解散時点で95人が所属していた細田派は、馳浩元文部科学相が来年の石川県知事選に立候補するため衆院選出馬を見送ったほか、中山泰秀元副外相らの落選などで8人減らした。ただし、第2派閥とは依然40人近く差をつけており、首位は揺るがない。

 今後は、安倍晋三元首相の派閥復帰に注目が集まる…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文984文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集