GoTo取消対応に1157億円、配分先把握せず 検査院指摘

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
配布された布マスク
配布された布マスク

 会計検査院は5日、2020年度決算の検査報告を岸田文雄首相に提出し、公表した。20年初めから感染が拡大した新型コロナウイルス対策事業について初めて検査。厚生労働省が配布した布マスクに不良品が発生したため検品作業に21億円が支出されたことや、「雇用調整助成金」の不正受給、「GoToキャンペーン」事業を巡る支出先が適正に把握できていない問題などを指摘した。

この記事は有料記事です。

残り2004文字(全文2182文字)

あわせて読みたい

ニュース特集