特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

センバツ21世紀枠 県高野連、太田を初推薦 文武両道評価 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
21世紀枠推薦校に選ばれ、岡田友希監督(手前)の話を聞く太田の選手たち=群馬県太田市の太田高校グラウンドで2021年11月5日、川地隆史撮影 拡大
21世紀枠推薦校に選ばれ、岡田友希監督(手前)の話を聞く太田の選手たち=群馬県太田市の太田高校グラウンドで2021年11月5日、川地隆史撮影

 県高校野球連盟は、来春の第94回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)の「21世紀枠」に県立太田高校を推薦したと発表した。同校の選出は初めて。

 太田高校は春のセンバツ、夏の全国選手権の出場経験はないが、今年の春と夏の県大会で4強入りし、秋も8強に進んだ。県高野連は選出理由として近年の好成績や、文武両道に力を入れる学校で多くの野球部員が大学進学を目標に学業と部活動の両立を目指している点を挙げた。

 21世紀枠の推薦校に選ばれ、小林風斗主将(2年)は「新たな目標ができた。強い太田を作ってくれた先輩たちのおかげ」と感謝した。

 21世紀枠は各都道府県から1校ずつ推薦され、12月中旬に全国9地区の候補校が発表される。来年1月28日の選考委員会で出場する3校が決まる。これまで県内から選出された学校はない。【川地隆史】

あわせて読みたい

ニュース特集