鳴門の人形浄瑠璃 きょう特別公演 往事のにぎわいたどる 徳島・阿波十郎兵衛屋敷 /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

故大江さんの作品も展示

 塩の産地、港町として栄えた往時の鳴門をテーマとした催し「阿波人形浄瑠璃の世界 鳴門の人形浄瑠璃」が6~28日、県立阿波十郎兵衛屋敷(徳島市川内町)で開かれる。人形浄瑠璃の特別公演や、鳴門市出身の人形師、故大江巳之助さんの作品展示などで、芸能や文化が発展した鳴門のにぎわいをたどる。

 特別公演の演目は「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな) 重の井子別れの段」。6、28日の午後2時開演で、鳴門にゆかりのある太夫らが出演する。7~27日の土日午後3時には「えびす舞」の上演もある。

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文429文字)

あわせて読みたい

ニュース特集