特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 「救えた命、自宅に放置」 療養死遺族会、発足 故人の経過、行政に情報開示要求

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中に死亡した那覇市の男性=遺族提供
新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中に死亡した那覇市の男性=遺族提供

 新型コロナウイルスに感染し、本来必要な医療や健康観察を受けられないまま自宅で死亡した人の家族が遺族会を発足させた。身内が死に至った経過を知り、情報交換を図る。感染拡大期に関係機関の業務が急増し、感染者の対応が後手に回ったことも背景にあり、会の共同代表を務める高田かおりさん(46)は「多くの救えたはずの命が放置され、失われた。同じ目に遭う人を出してはいけない」と訴える。

 コロナに感染した患者について国は、「原則入院」を掲げた。しかし、感染者急増により入院調整が困難となった。家族に感染を広げないために自治体が用意したホテルなどに隔離する宿泊療養、続いて自宅で療養を余儀なくされる人が増えていった。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1546文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集