特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生しました。26人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

熱海土石流の盛り土、小田原の土を搬入か 貝の種類、年代合致

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熱海市への届け出を超える段数になっていた盛り土=静岡県熱海市で2010年8月30日ごろ撮影、静岡県提供
熱海市への届け出を超える段数になっていた盛り土=静岡県熱海市で2010年8月30日ごろ撮影、静岡県提供

 静岡県熱海市で7月に発生した土石流災害を巡り、起点となった盛り土の一部は、神奈川県小田原市内の地層から運び込まれた可能性のあることが5日、静岡大の北村晃寿(あきひさ)教授(58)=古生物学=の調査で判明した。調査によって盛り土の「供給源」の一部が分かり、県の進める崩落原因解明に一石を投じそうだ。

 調査は、土石流の発生した7月3日から2カ月後の9月3日に行われた。土石流が下った逢初(あいぞめ)川源流部にある崩壊を免れた盛り土や逢初川付近の集落上流側に積もった土砂から試料を採った。

 今回の調査で盛り土からはアサリなど、集落上流側からはマガキの仲間などをはじめ、計9個の貝殻が見つかった。いずれも沿岸部や近くの浅い海底に生息する種。北村教授が放射性炭素年代測定によって、貝殻の生息年代を推定したところ、集落上流側のマガキの仲間は、約7500年前のものと認定されたという。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文745文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集