特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

医療費300%負担も 無保険の外国人がさらされる命の危機

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ある大学医学部付属病院で、無保険のフィリピン人男性に出された請求書。皮膚がんの検査などで通常の300%に当たる約17万円を請求され、支援団体が負担。治療のめどは立っていないという。(画像の一部を加工しています)=支援者提供
ある大学医学部付属病院で、無保険のフィリピン人男性に出された請求書。皮膚がんの検査などで通常の300%に当たる約17万円を請求され、支援団体が負担。治療のめどは立っていないという。(画像の一部を加工しています)=支援者提供

 今年3月、名古屋出入国在留管理局の施設内でスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が病死し、ずさんな医療体制が問題となった。しかし、在留資格がない外国人は、入管施設の外でも命の危険にさらされている。健康保険に加入できないため、重病になると医療費(100%負担)が高額になり、支払えないケースもあるためだ。近年は医療費を200~300%負担させられる例も増えているという。「国籍や在留資格の有無で、命を区別していいのか」。今、全国の外国人支援団体や医療関係者たちが抗議の声を上げている。【鵜塚健】

死後に届いた在留資格

 今年1月23日早朝、東京都内の病院でカメルーン出身の女性レリンディス・マイさんが静かに息を引き取った。まだ42歳。乳がんが全身に転移していた。

 婚約者の暴力や女性器切除の習慣から逃れようと、2004年に短期在留資格で来日。その後、母国の治安が不安定になり帰国ができなくなった。難民認定を申請したが認められず、入管施設に2度にわたり収容された。当時から支援者に「胸が痛い」と訴えていたが、施設では十分な治療が受けられなかった。

 18年に2度目の仮放免(条件付きの一時解放)となり、その後乳がんと診断された。在留資格がなく健康保険に入れないため、医療費は高額になる。それでも支援者らが仲介し、理解ある病院で治療を受けた。有効な治療法がなくなり退院したが、収入もないため一時ホームレスの状態に陥った。支援者らの援助で衣食住を確保し、別の病院で治療を続けた。

 医療費を軽減しようと、支援者や弁護士が治療目的の在留資格を出すよう、国に再三要請。在留(1年)を認めるカードが病院に届いたのは、マイさんが亡くなって約3時間後だった。亡くなる数日前まで病床で「病気を治したい。漢字をもっと勉強したい」と話していたという。

 最初に治療を受けた病院にはマイさんの未払いの医療費計約700万円が残ったままで、解決していない…

この記事は有料記事です。

残り2666文字(全文3484文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集