特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 明秀日立、4年ぶり決勝 重盗で先制、着実に加点 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明秀日立-木更津総合】二回表明秀日立2死一、三塁、重盗で三塁走者・佐藤(左)が生還=茨城・土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、川島一輝撮影 拡大
【明秀日立-木更津総合】二回表明秀日立2死一、三塁、重盗で三塁走者・佐藤(左)が生還=茨城・土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、川島一輝撮影

 第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は6日、J:COMスタジアム土浦で準決勝2試合があった。県代表の明秀日立(茨城1位)は、木更津総合(千葉1位)に5―2で勝利し、山梨学院(山梨1位)と共に決勝進出を決めた。明秀日立の決勝進出は、準優勝した2017年以来4年ぶり。決勝は7日午前10時から同スタジアムで行われる。【川島一輝】

六回武田が一発

 明秀日立は二回に重盗で1点を先制すると、三回1死三塁から本坊の適時二塁打などで2点を追加。六回に武田が右越え本塁打を放ち、突き放した。木更津総合は三回と五回にいずれも菊地の犠飛で得点したが、その後は打線がつながらなかった。

自慢のミート力

【明秀日立-木更津総合】三回表明秀日立1死三塁、適時二塁打を放つ本坊=茨城・土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、川島一輝撮影 拡大
【明秀日立-木更津総合】三回表明秀日立1死三塁、適時二塁打を放つ本坊=茨城・土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、川島一輝撮影

 ○…明秀日立のリードオフマン・本坊が自慢のミート力でチームを決勝に導いた。三回表1死三塁で迎えた第2打席。前の打者は三振に倒れており「最低でも犠飛を」と意気込んだ。2球目の直球を振り抜くと、打球はセンター方向への適時二塁打となった。今秋からベンチ入りし、県大会では3番を務めたが、高いミート力を買われ関東大会では1番を任された。試合後、「持ち味のセンター返しを意識したのが、良い結果につながった」と表情を緩めた。山梨学院との決勝に向けては「ここまできたら目指すは優勝」と言い切った。


 ◆高校野球テレホンガイド

0180・99・1002

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集