特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 浦和学院、決勝逃す 十回に大量失点、力尽きる /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【山梨学院-浦和学院】一回裏浦和学院1死三塁、金田の犠飛で同点に追いつく=茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、大平明日香撮影 拡大
【山梨学院-浦和学院】一回裏浦和学院1死三塁、金田の犠飛で同点に追いつく=茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、大平明日香撮影

 第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は6日、茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦で準決勝2試合が行われた。県勢の浦和学院(埼玉1位)は山梨学院(山梨1位)と対戦。延長戦の末、2-9で敗退し、7年ぶりの決勝進出はならなかった。第2試合では明秀日立(茨城1位)が、木更津総合(千葉1位)を5-2で降した。決勝は7日午前10時から同球場で行われる。【大平明日香】

一時勝ち越す

 延長にもつれ込んだ接戦を山梨学院が猛打で制した。十回、進藤の二塁打などで1死三塁とし、高橋の適時打で勝ち越し。四球を挟む6者連続安打などで計7点を挙げた。完投した榎谷は要所で三振を奪い、2失点の好投。浦和学院は、四回に高山の適時三塁打で一時は勝ち越したが、打線がつながらず、十回に投手陣が崩れた。


 ■ズーム

勝ち越し打、盗塁も阻止 浦和学院・高山維月捕手(2年)

浦和学院の高山維月捕手(2年)=茨城県土浦市川口のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、大平明日香撮影 拡大
浦和学院の高山維月捕手(2年)=茨城県土浦市川口のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、大平明日香撮影

 同点で迎えた四回裏1死一塁。インコースの直球を捉えると、打球は右翼線へ。「狙っていなかったけど、払う感じで振ったらうまくいった」。適時三塁打となり、1点を追加した。守っては捕手として、「腕を振っていけ」と投手陣を鼓舞。2度、盗塁を阻止して強肩ぶりをみせ、相手の好機を潰した。

 投手として入学。なかなかレギュラー入りできず、外野手でプレーするなど試行錯誤していた2年の春。練習でバッティングキャッチャーをした際に楽しさを覚え、捕手へ転向した。当初は二塁への送球で「コントロールがつかず、全然アウトがとれなかった」が、午前5時からの自主的な朝練で投げ込み、制球力を鍛えてきた。

 今試合はチームの二枚看板である金田と宮城が粘ったが、相手エースを打ち崩せず、同点で延長戦に突入。十回表、打撃で勢いに乗った相手を止めることができず、大量得点を許して敗れた。試合後は、悔しそうな表情を見せながらも「延長戦で勝つためには、体力をもっと鍛える必要がある。打撃もフルスイングできていなかった」と冷静に分析。目標は「チームで一番打てる捕手」と言い切り、さらなる成長を誓って球場を後にした。【大平明日香】

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集