特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 木更津総合敗れる 6年ぶりの決勝進出逃す /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明秀日立-木更津総合】三回裏木更津総合1死三塁、菊地の犠飛で山田が生還する=茨城県土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、長沼辰哉撮影 拡大
【明秀日立-木更津総合】三回裏木更津総合1死三塁、菊地の犠飛で山田が生還する=茨城県土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、長沼辰哉撮影

 第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は6日、茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦で準決勝2試合があった。県代表の木更津総合(千葉1位)は明秀日立(茨城1位)に2―5で敗れ、6年ぶりの決勝進出はならなかった。

 7日は同スタジアムで決勝があり、山梨学院(山梨1位)と明秀日立が対戦する。【長沼辰哉】

打線つながらず

 明秀日立は二回に重盗で1点を先制すると、三回1死三塁から本坊の適時二塁打などで2点を追加。六回に武田が右越え本塁打を放ち、突き放した。木更津総合は三回と五回にいずれも菊地の犠飛で得点したが、その後は打線がつながらなかった。


 ■ズーム

チーム助けられる投手に 木更津総合・金綱伸悟投手(2年)

木更津総合、先発の金綱伸悟投手(2年)=茨城県土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、長沼辰哉撮影 拡大
木更津総合、先発の金綱伸悟投手(2年)=茨城県土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、長沼辰哉撮影

 「エースの越井だけじゃない」。準々決勝まで背番号1の越井が登板したが、準決勝で今大会初めてマウンドに上がった。持ち前の制球力を生かして果敢にインコースを攻め、「相手の強打線に打たれないように」と低めに直球や変化球を集めた。

 1点リードされた六回表の明秀日立の攻撃で、4番・武田への初球は、アウトコースいっぱいのスライダー。高く上がった打球はライトフライに見えたが、風に流されてスタンドへ。七回まで98球を投げてマウンドを降りた。試合は3点差を追いつけず、県大会予選から続いたチーム連勝は10で止まった。

 「調子は悪くなかった。これまで決まっていた球が打たれて、拾われた。相手が一枚上手だった」。試合を振り返り、悔しさをにじませた。「球威を上げて、球種も増やし、決めきる球を作りたい」。来春に向けて課題を見つけ、「越井に頼らないで、チームを助けられるピッチャーになる」と決意を誓った。【長沼辰哉】

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集