特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 山梨学院、決勝進出 十回に7点、延長制す /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【山梨学院-浦和学院】十回表山梨学院1死三塁、高橋が決勝点となる左前適時打を放つ=茨城県土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、田中綾乃撮影 拡大
【山梨学院-浦和学院】十回表山梨学院1死三塁、高橋が決勝点となる左前適時打を放つ=茨城県土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、田中綾乃撮影

 第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、毎日新聞社など後援)は6日、茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦で準決勝2試合があった。山梨学院(山梨1位)は浦和学院(埼玉1位)を延長の末9―2で破り、2大会ぶりの決勝進出を果たした。決勝は7日午前10時から、同球場で、明秀日立(茨城1位)と対戦する。【田中綾乃】

6者連続安打

 延長にもつれ込んだ接戦を山梨学院が猛打で制した。十回、進藤の二塁打などで1死三塁とし、高橋の適時打で勝ち越し。四球を挟む6者連続安打などで計7点を挙げた。完投した榎谷は要所で三振を奪い、2失点の好投。浦和学院は、四回に高山の適時三塁打で一時は勝ち越したが、打線がつながらず、十回に投手陣が崩れた。


 ■ズーム

「狙った」通りの先頭打者弾 山梨学院 鈴木斗偉(とうい)二塁手(2年)

山梨学院の鈴木斗偉二塁手(2年)=茨城県土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、田中綾乃撮影 拡大
山梨学院の鈴木斗偉二塁手(2年)=茨城県土浦市川口2のJ:COMスタジアム土浦で2021年11月6日、田中綾乃撮影

 初回、2球目の直球を捉えた当たりは右翼スタンドに飛び込んだ。先頭打者本塁打に球場がどよめく。「狙っていた」通りの当たりに、思わずガッツポーズが出た。

 強豪校の中で、1年生の夏から試合に出続ける。起用に応えるため「チームを引っ張っていかないと」と心掛ける。ピンチの場面では守りのタイム以外でも、マウンドに立つ榎谷に「一人じゃないぞ」と何度も声を掛けに行った。

 打順が回ってくると、必ずヘルメットをとり、一礼してから打席に入る。審判や相手に敬意を払い、ファールになってもバットを乱暴に放り投げることはしないなど、野球を大切に思う気持ちを一つ一つの行動で示してきた。

 高校入学以来、コロナ禍で無観客での試合が続いたが、今大会は初めて、観客が見守る中で試合ができた。チームの目標である関東大会を制するまであと1勝。優勝への思いをより強くしている。【田中綾乃】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1002

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集