特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 大垣日大、決勝ならず 県勢が姿消す /岐阜

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日大三島-大垣日大】日大三島に敗れた大垣日大の選手たち=愛知県岡崎市民球場で2021年11月6日、兵藤公治撮影 拡大
【日大三島-大垣日大】日大三島に敗れた大垣日大の選手たち=愛知県岡崎市民球場で2021年11月6日、兵藤公治撮影

 第74回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は6日、愛知県の岡崎市民球場で準決勝2試合があった。県勢で唯一残った大垣日大は日大三島(静岡)に5―10で敗れ、決勝進出は果たせなかった。7日は決勝戦が行われ、日大三島と聖隷クリストファー(同)が対戦する。【熊谷佐和子】

13安打を喫す

 大垣日大は一回、2死一、三塁から米津の適時二塁打で2点を先制したものの、五回に勝ち越しを許した。8点を追う七回に河村の適時左前打などで2点を返したが、及ばなかった。投げては3人の投手陣が被安打計13と打ち込まれた。日大三島は五回に吉川の適時三塁打などで4点を追加。六回にも1死満塁から松永が走者一掃の本塁打を放ち、突き放した。


 ■ズーム

再救援で悔しい被弾 大垣日大 山田渓太投手(1年)

大垣日大の山田渓太投手(1年)=愛知県岡崎市民球場で2021年11月6日、兵藤公治撮影 拡大
大垣日大の山田渓太投手(1年)=愛知県岡崎市民球場で2021年11月6日、兵藤公治撮影

 同点の一回裏2死二、三塁で勝ち越しのピンチを迎えると、先発のエース、五島(2年)に代わりマウンドに上がった。1年生ながら今大会は1回戦、準々決勝とも五島を救援し、準決勝進出に大きく貢献してきた。この場面も相手打者を内野フライに打ち取り、切り抜けた。

 しかし、初球から振ってくる相手打線は手強かった。五回に再び五島にマウンドを譲ったが、2点を追加され、すぐに再登板。2死一、三塁から初球を狙われ、2点適時三塁打を許した。六回にも1死満塁の場面で、甘く入った内角高めの直球を捉えられて本塁打を浴び、点差は8点に開いた。「気持ち良く打たれてしまった。やばいな」。ダイヤモンドを回る相手走者を見つめた。

 5点を追う九回の攻撃。2死走者無しで打順が回ってくると「野球は2アウトから」と自分に言い聞かせ、「絶対に塁に出る」と右方向に安打を放つ粘りを見せたが、及ばなかった。試合後「(五回に)五島さんが打たれた分、自分が行こうと思ったが、甘く入った球を打たれた。悔しい」と振り返った。

 山田の持ち味について、捕手の西脇主将(2年)は「コースや打者に関係なく攻めることができる」と話し、阪口監督も「これだけ球にキレがある投手はそういない。大事に育てたい」と高く評価する。

 今冬はウエートトレーニングや走り込みを徹底し、球速を最速138キロから140キロ台まで上げることが目標。三振を奪えるよう、新たな変化球を覚えたいともいう。「夏は甲子園に絶対出たい」と雪辱を誓う。

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集