特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

九州高校野球

秋季九州地区高校野球大会 有田工が終盤一挙3点 秀岳館(熊本)との投手戦制す /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【秀岳館-有田工】八回裏有田工、2点目のホームを踏む角田 拡大
【秀岳館-有田工】八回裏有田工、2点目のホームを踏む角田

 第149回九州地区高校野球大会は6日、鹿児島市の平和リース球場などで開幕し、1回戦4試合があった。いずれも雨の中を対戦し、有田工(佐賀)は秀岳館(熊本)を3―0で破り、準々決勝に駒を進めた。7日は1回戦5試合があり、県勢は佐賀商(佐賀)が熊本工(熊本)と対戦する。【白川徹、井上和也】

塚本が完封

 有田工が投手戦を制した。0―0で迎えた八回、2死二、三塁から北川の2点適時打で均衡を破り、さらに1点を加え3点のリードを奪った。投げては塚本が要所を抑えて完封。秀岳館は4度の得点機を生かせなかった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集