連載

迫る

「迫る」は人物の内面を探ったり、出来事の背景を掘り下げたりする大型読み物です。

連載一覧

迫る

福岡のベンチャー研究者(その1) 九州発、師弟で宇宙開拓

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「人工衛星の開発を通じて八坂先生の知を受け継いでいきたい」と語る大西俊輔さん(左)と「師匠」の八坂啓雄さん。後ろは人工衛星の実寸大実験機=福岡市博多区で2021年10月17日、徳野仁子撮影
「人工衛星の開発を通じて八坂先生の知を受け継いでいきたい」と語る大西俊輔さん(左)と「師匠」の八坂啓雄さん。後ろは人工衛星の実寸大実験機=福岡市博多区で2021年10月17日、徳野仁子撮影

 小丸(おまる)川をせき止めた「石河内ダム」(宮崎県木城町)はなみなみと水をたたえていた。10月22日午後。このダムの上空約525キロの宇宙空間を直径約3・6メートルのパラボラアンテナをつけた人工衛星が通り過ぎた。福岡市に本社を置く民間の宇宙工学ベンチャー「QPS研究所」が開発した小型合成開口レーダー(SAR=サー)衛星「イザナミ」だ。

 「イザナミ」は地上に電波を照射し、返ってきた電波を解析して地上を観測する。カメラなどを搭載する光学衛星と異なり、地球の24時間のおよそ4分の3を占める曇りや夜間でもリアルタイムの撮影を可能にする。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2034文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集