イラク首相暗殺を狙ったテロか 無人機3機が自宅攻撃、6人負傷

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドローンによる攻撃を受けた後、テレビで国民に演説するイラクのカディミ首相=2021年11月7日、ロイター(イラク公共テレビの映像から)
ドローンによる攻撃を受けた後、テレビで国民に演説するイラクのカディミ首相=2021年11月7日、ロイター(イラク公共テレビの映像から)

 イラクの首都バグダッド中心部で7日未明、カディミ首相の自宅に対して爆発物を積んだ無人機3機の攻撃があり、警備要員6人が負傷した。カディミ氏は避難して無事という。首相暗殺を狙ったテロとみられる。ロイター通信が伝えた。

 首相の自宅は政府機関や米国大使館がある通称「グリーンゾーン」に位置し、厳重に警備されている。3機目が爆発して自宅の一部を破壊したと…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集